› V=πdn/1000 › 実習 › 016 後期実習(キー溝加工)

2008年11月07日

016 後期実習(キー溝加工)

前回の軸加工から少し間が開いてしまいました。

今回は、キー溝加工です。
キーは、軸とギヤの回り止めのモノです。
前回加工した軸とギヤブランク材(歯車素材)にキー溝を加工していきます。


まずは、ケガキ。
どこに加工するのか下書きの線を入れます。

ドーナツみたいなギヤブランクをくっつけている四角いのが「枡形ブロック」
6面が直角に作られていて、品物を取り付けるネジが付いています。
デジタルの目盛りがあるのが「ハイトゲージ」
数字は高さを示しています。

軸のほうは、フライス盤でエンドミルで加工していきます。


ギヤブランクは、スロッターで加工します。

スロッターは、立削盤とも言われます。
形削り盤を立てたようなもんですね。
そのうち詳しく紹介しますね。


同じカテゴリー(実習)の記事画像
597 火造り
539 レミゼラブル
527 硬さ
506 直径
504 測定方法
503 脚ってなんですか?
同じカテゴリー(実習)の記事
 597 火造り (2017-07-03 18:00)
 539 レミゼラブル (2016-07-20 18:00)
 527 硬さ (2016-05-12 18:00)
 506 直径 (2015-11-19 18:00)
 504 測定方法 (2015-11-09 18:00)
 503 脚ってなんですか? (2015-10-28 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。