› V=πdn/1000

2020年08月06日

768 再加工

ネジが入らないので、どうにかして欲しいという依頼です。

ネジ溝をわずかに深くするか、広くするか、の追加工をします。
学生さんは、そんなことできるんですか!といった反応face16
ここで解説しておきましょう。
チャックで保持する部分が異形なのでジグを使って固定します。もともと、これを作るときに使っていたジグを使えるので問題ありません。
旋盤に製品とネジ切りバイト(刃物)をつけて、ネジを切るときのように、ピッチに合わせた送りを選んで、ハーフナットをかまして、ちょっとだけ回転させます。

製品の位置もバイトの位置も適当につけているのでバラバラで合っていません。

刃物台の横送りハンドルを使ってバイトの位置がネジ溝に合うように調整します。

ここまで来れば、通常のネジ切りと同じ要領で大丈夫ですね。
あまり切り込みすぎると、ユルユルのネジになってしますので要注意です。
今回は幅方向に0.05mmほど広げれば大丈夫でした。
手研ぎのハイスのバイトに比べると、超硬で成形されたバイトになって精度はグッと良くなっていると思います。

相手のネジがあれば合わせて確認できるのですが、今回は間に合わなかったためこうなってしまいました。
緩めに作っておけば良かったのでしょうが、力がかかる部分なのでキッチリ目に作っていたことがアダとなりました。
ある意味、想定内の案件でした。

ネジ切りについては、あまり詳しく触れてこなかったので機会をみつけて紹介したいと思います。


  
タグ :旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年07月31日

767 言い訳

A5056を加工します。
外径を削るだけなんですが、、、


切り屑が切れずに延びて絡みつきますface07
こうなると作業が中断されて効率も下がります。


構成刃先の生成、脱落で面がガザガザicon41


刃先を見てみると

構成刃先が発生する要因は、
切削部の温度、
刃先の形状=切れ味が悪い、
刃物の材質=加工物との親和性、
などです。詳しくは別の機会に。

新しい刃先に変えてみるも結果は変わらず。


切削には向いていない材料なので、2017を推奨しています。
これは、溶接されるのでこれを使わざるを得ないのです。

最終的には、小細工してそれなりに仕上げました。
そんな小細工をここで書くべきなのか。

言い訳や小細工をしなくて良いように、スマートな加工条件を見つけないといけませんね。
誰か、教えて〜

  

Posted by iso at 18:00Comments(3)工具・治具

2020年07月15日

766 揃わない


樹脂の端面を削って長さを揃えています。
加工物が柔らかいのでキズがつかないようにジグを介してチャッキング(保持)しています。
一度、目盛りを合わせてしまえば同じ長さでできあがるはずなんですが、どうも長さがそろいませんface12

どうやらジグの向きで変わるようです。
ジグは円筒を切り欠いただけの単純なもの


平行度とかが影響しているのでしょうかね。

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年07月09日

765 フーッ

新型コロナウイルスの感染が山を越え、第2波が心配されています。職場は通常に近い状態で運営されています。
感染予防のために三密を避け、手指の消毒、マスクの着用が推奨されています。
と言うことで作業中もマスクを着用しています。

長時間の着用で、耳が痛いとか、蒸れる、と言った問題は置いておいて、ちょっと不便なことがあります。
加工中に切り屑などで見えにくい状態になることがあります。

こんな時に息をフーっicon108と息を吹きかけて邪魔者を飛ばしてやりたいのですが、マスクをしているとそうはいきません。
いちいち手ぼうきなどで払いのけないといけないのが、もどかしいですface12
これが新しい生活ですかねface11

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)工場内

2020年07月03日

764 不定形


コークスです。石炭を蒸し焼きにしたらできるヤツですね。
鍛造の実習で燃料として使っています。
今回は燃やすのではなく、削ります。
材料試験のためにΦ10×10mm程度に切り出したいとの依頼です。

削れるかな?
削れそうだけど、脆そう=割れそう
それより
この不定形な形をどうやって保持するかが問題ですね。
両頭グラインダーである程度平面に削ってファインカッターで切断します。
15mm程度の角柱にします。


これを旋盤にくわえて、軽くセンターを押して、長さ20mmほど削っていきます。
外してみると、割れていますface14


内部にクラックも潜在しているので割れの要因になっているのかもしれません。これを判断して避けるのは難しいので、数多く作って良いものを選ぶしかなさそうです。


旋削後の加工面の状態


ある程度の形にはできることがわかったので、次はダンドリを変えてやってみる予定です。
その様子は、後日お届けする予定です。

  
タグ :旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年06月26日

762 穴をあける

仕上げの作業が減っているので記事にする機会が少なくなっています。シリーズで掲載できるか。。。

ドリルで穴をあけるまでの工程

1、けがく
穴を開けたい位置を正確にしるします。
そのためにハイトゲージと枡形ブロックを利用します。昔はトースカンとサシ立てだった(らしいface11

ハイトゲージもデジタルになって快適です。
枡形ブロックはVブロックと同様に六面が直角平行に作られていて、円筒物を固定しやすいようにV溝と固定具が付けられています。

対象物を固定してブロックごと倒すと直角が出るので、直交座標でケガクことができます。
ケガキの詳細については、いつか記録として記事にしたいと思います。乞うご期待face11


2、センターポンチ
ケガいた交点にハンマー(1/4)とセンターポンチを打っていきます。


老化によりケガキ線が見えませんface14
1度軽く打ったらズレていないか確認。ズレていたら修正します。


3、穴あけ
素材が硬いか柔らかいか。薄板かなどによりドリルと回転数を選択します。
打ったセンターポンチにドリルの中心を合わせます。
ドリルを回転させながらポンチ穴に触れた時にズレていればそちらにドリルが曲がります。
それを修正したら固定します。


穴の開け始めと出口は不安定でトラブルが起こりやすいので控えめに送ります。

4、面取り
穴をあけると端面にバリとかカエリと呼ばれるメクレが出ます。出口側に同じような素材を当てて一緒に加工するとバリが出にくくなりますよ。

これを除去するのに面取りという工程を行います。
45度に加工された回転工具を軽く押し当てます。

やり過ぎると面取りのバリが出てきますので要注意。

あまりキレイじゃありませんが、この後ネジを加工するのでこの程度でご勘弁。

これがドリルでの穴あけの標準的な工程と言えると思います。
素材の精度、ケガキの精度、ポンチ打ちの精度、ドリル位置の精度と誤差の入ってくる要素が何度もあります。これらが累積されて大きな誤差となることもあります。そうなると修正に手間がかかったりということになります。
最近は、フライス盤にデジタルでスケールが表示されます。機上で位置決めから穴あけまでの加工を行うことが多くなっています。こちらの方が精度が良く、誤差が入る要素が少ないので、でき上がりの加工精度が良くなります。
フライス盤での加工時間が長くなりますが、センター穴不要のドリルもあるので、そういったものを利用したり、センター穴の位置決め作業まで行ってボール盤に移行するなどの方法で作業時間の短縮を図っています。

そういうことで仕上げの作業が減ってきていますね。
こんな内容で良かったのかな。。。
もっと焦点を当てたいところがあったはずなのにface13
一般的な記事として残しておきます。

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2020年06月26日

763 横倒し

ボール盤で加工するときにバイス(万力)をよく使用します。

5面が切削加工してあるタイプは横に倒しても立てても使うことができます。

バイスにも色々な種類がありますが、この手のものは何て呼びますか?
マシンバイス、ヤンキーバイスかな。

少し長手のものは、横倒しで。


端面にネジを加工しよう、、、
テーブルを下げても長くて懐に収まりませんface12

短くなった!
イリュージョン?

離れてみると


裏返しでも・・・

表?から穴を開けて、ザグリ加工

裏側もザグリ加工



  
タグ :ボール盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2020年06月19日

761 箱入り

以前、プラスチックの衣装ケースで作っていたけれど耐久性に問題がありそうなので金属で作り直したいと化学系の学生んさんからご相談。
サイズは500×300×300ミリ。ブロワで送風する程度の圧力ですが、ある程度の気密性は必要。
厚さ5ミリの板のコバ面にタップ立てて箱にする。それなりに精度も必要だし、手間もかかりそう。
隅にアングル入れて組み立てることに。気密はコーキングでface11

外板は3ミリのアルミ板。アングルもアルミで軽量化。錆びないしね。
板は指定したサイズで購入。
アングルは所定のサイズに切り出し。
外板は貫通穴、アングルにタップをたてる。


仮組み

板のサイズが0.5mm程度ばらつきがあること、ケガキの精度に難があることface13などが相まって何カ所かネジが入らないところも。。。face14

一旦バラして穴サイズを拡大したり、角の面取りなど施して、コーキング剤を薄く塗って組み付け

中を覗いてみると


図面で表すと簡単ですが、かなり手がかかりましたface12



  


Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2020年06月12日

760 長いものに巻かれる

塩ビのフランジの外形を加工しています。
樹脂系は切り屑が切れずにつながって長〜くなりやすいので、こうなりますface12

こうなると切り屑の処理に時間がかかります。

これにはいくつかのパターンがあります。

最初からダメダメ


最初は順調だが最後に巻き取られる

巻き取られる前に送りを止めて、切り屑を一旦切れば全部が巻き取られることはないんでしょうが。その見極めは難しい。

キレイに飛んでる

この形が理想なのですが微妙な条件のようで、1パス目はキレイに飛んでも、2パス目はダメダメパターンってなこともしょっちゅうです。

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年06月05日

ネジの日

6月1日は何の日?
・スーパーマンの日
・電波の日 
・麦茶の日
・氷の日 
・チューインガムの日 
・真珠の日 
・気象記念日 
・バッジの日など

1949年6月1日に工業標準化法が制定され、日本工業規格(JIS)にねじ製品類が指定されたことを記念して、「ねじ商工連盟」が1975年7月に「6月1日」を「ねじの日」として制定したことから始まります。


  

Posted by iso at 18:00Comments(0)その他