› V=πdn/1000

2020年02月21日

749 深穴

例の試験片の中心に直径6ミリの貫通穴を開けます。

最初は両側から加工して真ん中付近でつないでいました。当然、幾分食い違いがでます。
それが、試験部分になるので結果に影響するような気がします。

ロングドリルで貫通させると出口ではだいぶずれています。
これまた影響するよな。

試験部分を過ぎる90ミリあたりまで6キリで開けて、裏から8キリでお迎えしてつなぐ。
食い違いが結構でてます。

先に8キリで40ミリほど加工して、そのまま6キリで90ミリあたりまで加工。
裏から6キリでつなぐ。
両側を8ミリにするのは磨き工程がやりにくくなるのでマズイそうです。


加工方法もいろいろ変化したのですが、保持の方法もいろいろと変更を繰り返しています。
一番簡単なのはコレかな↓

これだとチャッキングした時の振れがわかりません。
で、こちらに変更

振れを見ながらイイところ探してチャッキング

これでかなり振れているのがあって、こりゃ曲がっているなと。
以前にコレットチャックで両側の太い部分にまたいで保持しようとしたのですが、芯が違っていて入らないものがあったので怪しいと思っていたんです。
振れは5/100mm以内なので許容内だと思っていますが、深穴を開けるには、センター穴をモミ直せば曲がりは抑えられるかも。
最近は調整なんかをやったこともあってか振れもテーパも収まっています。
ドリルメーカーさんが来た時に質問したら「ガイドホール が大事ですね」って。
ガイドホール ってどんな風に加工するのかなface12

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年02月14日

748 ダンドリ変更

引っ張り試験片を加工しているのですが、加工工程(ダンドリ)に迷いが出ています。

今回の素材はS10Cの熱処理済みのもの。
硬くはありませんが、曲がりや歪み、表面のデコボコはかなりあります。

外径を荒削りしてから端面処理が本筋でしょうか。
半分づつ削っていたこともあったのですが、曲がりが大きくて黒皮が取れないと言うこともあったのでダンドリ変更
つかみ代を20ミリほど削ります。

削った部分につかみ変えて芯だし。センター押し。

外径荒削り

振り替えて、長さ決め。センタ穴もみ。
この後のCNC旋盤での加工を考慮して、センター穴の深さがなるべく揃うようにしています。




荒削りの時間が長い。
φ22弱からφ20を作る、外径の取り代が少ない。
S10Cで硬くないのでイケるはず。
と言うことで荒工程を省略します。
と言う2度目のダンドリ変更
曲がりの影響がなるべくでないように真ん中あたりを保持して長さを整えます。


このままCNC旋盤に移って、片面を加工

振り替えて加工

加工後

できあがり?
本当は、端面を削って直角を出すべきだが、許容差内と言うことで省略。


こんな方法で良いのか?不安ですface12
と言うのも加工後、かなり曲がってるものがあるんですよね。
真ん中の細い部分も0.1ミリほど太くなっているし。これは被削材が逃げているんだろうと思われます。そんなに無理して削ってないはずなのにな、回転数が低いからか?回しすぎるとアンバランスの影響が出てきそうなので控えめにしてるんだがな。ここはプログラムで誤魔化せるか。
もっとも基本的と言えるような試験片の加工法のダンドリってどうすればいいんだ?
教えてー

この後、中心に貫通穴を加工します。
つづく

  
タグ :S10C旋盤CNC


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年02月10日

747 これあり!?

旋盤で小径穴(4.5)を加工しています。

一見、心押し台にエンドミル取り付けて、と見えます。
実は、

刃物台にエンドミルを取り付けて加工しています。

刃物台に取り付けることで、中心からずらせる(移動できる)、加工径を変えられる。
本当は穴繰りバイトなのでしょうが、径が小さくて底面も仕上げたかったので、こうなりましたface12
いけない気もするんですが。。。今後、多用するかもしれません。
ご意見求む!

  
タグ :旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(1)旋盤

2020年02月04日

746 729補足

以前の記事が前半部分が不完全だったのですが、ほぼ同じ形を炭素鋼で作ることになったので改めて掲載。

汎用機で荒削り
素材の長さは、掴み代まで十分にありました。

長いので、とりあえずセンター穴。

端面を挽いて、外周を荒削り


振り替えて、ステッキで落として、片刃バイトで仕上げ代を残して長さを決めます。


再度、振り替えて残っていた端面を処理して、センター穴揉み直し。


CNCに持って行って、プログラムを走らせます。



端部にネジがあるのですが、センターと干渉しそうで怖いので、汎用機で加工face12
ついでに?反対面の穴も加工。

再びCNCでツバの部分を保持して、プログラムを走らせて加工。テーパ面が長いので汎用機だと大ごと。


反対側からの加工で残っていた端面も同時に加工


先端の穴系違いで3パターン。長さも微妙に違ってテーパ角も微妙に違うんですface13



  
タグ :旋盤CNCs45c


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年01月29日

745 四ツ葉


四ツ葉のクローバーicon114幸運のシンボルと言われています。
実は、
こちらはキリコになる方で、
製品はこれicon74


中央部分はわずかに切れていたり、

耳が付いていたり、

小憎たらしいデザインですface11

  
タグ :sus303WEDM


Posted by iso at 18:00Comments(0)放電加工機

2020年01月23日

744 欲張り

SUS303で薄いリング状の部品を3個作っています。これが3個目。
内側を加工して、トレパン状に溝を入れておきます。


仕上げ代つけてステッキで落とします。ステッキ幅と製品の厚さが同じくらいface11



欲張って3個は厳しかったので、バイトの逃げを削っていますface11


  
タグ :sus303旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(2)旋盤

2020年01月17日

743 問題解決?

できない問題もなんとか突破して加工しています。
が、テーパーがつくんですよね。両センターでも片センターでもface14
ま、原因はあそこだろうな。。。と言うことで測ってみる。

0.3ミリほど振れていますface13
何度かぶつけてるしなぁ。。。
メーカーに電話で修正方法を確認。汎用機と同じ要領です。

四隅の大きなボルトを緩めます。かなり強く締まってます。パイプで延長するか、ハンマーでぶったくか、、、
諦めかけました・・・
この時、摺動面にゴミが入らないようにキレイに清掃して行ってください。

両側にある真ん中の調整ボルトを緩めたり締めたりしながら調整します。

調整できたら四隅のボルトを締めて完了です。
締める際にズレることもあるので、よく確認しながら作業してください。

これで一連の問題は解決!

実は上下方向にもズレているようなのですが、こちらは簡単にできそうにないので見なかったことに。。。face13

  
タグ :CNC


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2020年01月07日

742 軽く

年明け一発目は軽〜い内容でお届けしましょうface11

軽い発砲ポリスチレン(発砲スチロール)の加工です。
断熱材のスタイロフォーム(デュポン・スタイロ社)と呼ばれています。

これを円錐状に加工します。
削る量が多いので建設科から電熱線のカッターを借りて来て、粗加工します。

面白いように切れていきます。
中心部分に芯を作っておくとキレイに切れそうです。
中心穴は、真ん中に細い棒を刺せば簡単に穴が開きます。そこに電熱線を通して穴をくり抜きます。

斜めにも切れるようになっています。

粗加工完了。切削していたらここまでどんだけ時間がかかったことでしょう。

あとは旋盤でいつものように削るだけです。形状は単純なので問題ありません。どうやって保持するかが問題ですね。
チャックとかだと潰れてしまいます。
そこで、これ↓

面板に貼り付けます。
ど真ん中に貼り付けることは難しかったので、4つ爪で芯だししました。

仕上げに使うような鋭利な超硬スローアウエイで削りました。
測定もなかなか面倒でしたface12
測るには測れます。

そんなに精度は必要とされないはずですが。
たまたまアルミの寸法に削られたものがあったので入れてみました。

いい感じですface15
続いて外周の加工です。
片刃のバイトで削っていきます。

外径も測定が難しいので先ほどのアルミ円板を使って内径から目盛りで追っていきます。

それらしい形になりました。


面粗さもまずまず。

いつか外れるんじゃないかとヒヤヒヤでしたが、かなり強固に貼り付いて剥がすのに苦労するほどでした。


もう一点、これのフタ?

こんな形なのでCNCで。
先に裏面をフライスで加工します。

芯出しを兼ねた保持用ジグ

ジグの外周の円と四角いブロックで芯出しされます。
先ほどの経験から普通の両面テープを短めに4ヶ所。無くても保持できるくらいでできています。最終的には2ヶ所にしました。


先ほどのスタイロフォームより目が細かい感じでキレイに削れるかと思っていましたが、ムシれるようになってしまいます。
刃先角の違いかも、と送り方向を変えてみましたが、結果は変わりませんでしたface14

またチャンスがあればチップ形状や刃先角を変えてチャレンジしてみようかな。
回転工具での切削の方がキレイに仕上がるという説もあります。

お正月特大号でお届けしましたicon97


  


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤材料

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

謹 賀 新 年

今年はチュー意深く業務にあたりたいと思います。
本年もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
  

Posted by iso at 18:00Comments(0)

2019年12月24日

741 できない

つづき
両センター加工しているのですが、わずかにセンターが緩んでいる感じです。加工物がカラカラと回る感じ・・・
センターを押し付けた時にはしっかり押されているのですが、加工が終わってドアを開けた時に緩んでいる状況です。心押し台が出ていませんなどのエラーもなく通常に動きます。
よーく観察していると、ドアを閉めた時に心押し台が動いています。再チャッキングなどの指定もしていないのですが。
この時にわずかな緩みが出ているようです。


どうしても原因がわからずにメーカーに電話で問い合わせ
答えとしてはその機械では両センター加工はできないとのこと
サーボとブレーキの制御の関係らしく、チャックワークで片センター作業の時に停電などで電源が落ちた時にワークを落とさないようにするためのサーボとブレーキの動きがあるらしい。よく分かっていないが要約するとそんな説明だった。
パラメーターとかの問題ではなくて出荷時の仕様で決まっているそうです。

できないと言われても困るんですね。。。
その様子を感じてくれたのか抜け道を教えてくれました。
インターロック解除の状態でやればその状態は回避できるとのこと
できるんだったらなんでもいいですface11


さらに問題はあった。。。つづく

  
タグ :CNC


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤