› V=πdn/1000 › 砥粒加工(研削)

2017年04月10日

585 けんさく

森田じゃありませんface13(←おっさんネタ 千葉県知事)
久々の研削ネタです。

硬い素材の硬さを測定する時に数値が安定しないのが取り付けの不安定さからきてるのじゃないかという推測。わずかに綺麗な平面を作って安定させようという作戦。
金型材の硬い材料なので平面研削盤で加工します。
いつも使っている超硬の刃物と変わらない硬さなので、もっと硬い砥石で加工しないといけないわけです。
砥石の刃物となる砥粒は硬い素材でできてます。ダイヤモンドの砥石もありますから、理論的にはなんでも削れるということです。
1回で削れる量がわずかなので時間はかかります。

素材の形状が円柱なので精密バイスにつかんでマグネットチャックに固定します。

切り込みは、荒加工が3ミクロン(0.003ミリ)ずつ、仕上げは0.5ミクロンずつです。
トータルで0.3ミリほど削ります。

切り込みが小さくて、加工速度が速い(2000m/min)ので火花を散らして加工します。
冷却や潤滑、洗浄などのために大量の水溶性の加工液をかけて加工しています。
5ミリ幅ほどの研削面ができれば、できあがりicon97


研削の話はあまり出てきてないので、機会を見つけてできたらいいなと思いますface01

  

2015年04月02日

470 両頭グラインダー


モーターの両側に砥石がついているので両頭です。作業のためカバーを外しています。
やろうやろうと思っていた砥石の取り替えをようやく行いました。

最近はスローアウエイ(取り替え式)のバイトが主なので使う機会が減っているので、使う時に「あ、そろそろ替えなきゃね」とは思うんですけど、その時はそのまま使って、もう忘れていると言う状態face07

新旧比べるとこんな感じです。


砥石の取り替え作業には資格が必要です。
砥石が破損して事故になるケースも多いようです。

砥石は刃物の役割をする砥石と接着剤を混ぜて焼き上げてあります。
瀬戸物の茶碗のような物ですから割れやすいんですね。
取り替え前にヒビが入ってないか打音検査しないといけません。

もし割れるとその破片が飛んでくるわけです。
数十センチmの距離で作業していますから避け用がありません。
速度を計算してみると、
砥石の直径×円周率×回転数=分速(mm)=時速(km)
255mm×3.14×1800rpm=1441260mm/min=86.476km/h
数十センチの至近距離から100キロ近いスピードで小石を投げつけられるわけですからケガしない訳がありません。
時に重大な事故になることもあるそうです。
そのために資格が必要となっている訳です。

取り付け後にバランス取り、カバー装着、
レストの隙間調整icon74

この隙間が大きくなるとこの隙間にはまり込んで割れたりします。
使っていると砥石がすり減って隙間がだんだん大きくなるので時々調整が必要です。

試運転を行って作業完了


  

2011年05月06日

240 一工夫


ゴールデンウイークの合間ですが、授業は行われています。face11


以前から、たまに来るタングステンの電極です。
20mmずつ14本なので、ストッパーに当てて切断砥石でチ~ンとカットしていきます。
今までは、この方法だったのですが、最後キレ落ちる時に砥石が割れてしまうことが、かなりの頻度でありました。
落ちる時にストッパー側には逃げられないので、砥石側に押して割れてしまうということなのでしょう。

それを防ぐには、わずかでも隙間を作ってやればいいのかなと。
かと言って、テキトーに隙間を開けていたのでは、長さが揃わないので紙1枚入れることにしました。


前回使った両面テープの裏紙が落ちていたのでそれを利用しました。
普通のコピー用紙なら引き抜く時にすぐに破れてしまいそうですが、この裏紙だと丈夫でうまくいきそうです。


バイスで固定して、切断する前に紙を抜き取って、カットします。
2種類14本、計28本切断しましたが、1度も割れることはありませんでした。face15


  


2011年02月25日

229 りゃん面


今日は、入試です。
サクラicon48はまだですが、梅ではなくて桃が咲いています。





タングステンの電極を切断しています。
消耗品なので、数が多いんです。
長い素材から切断するときは、ストッパ使って長さ決めてたんですが、
短いものを再加工。しかも直径1ミリ。
1つずつ測るのは、時間がかかりすぎます。



そこで0.5厚の敷き金を使いました。
これで位置決めできますね。
その敷き金が、ずれないように、、、




両面テープで貼り付けました。icon195
そんなに精度いらないですからね。  


2009年02月17日

047 アルミナ

得体の知れないものが、やってきました。
図面の材料欄には「アルミナ」と書いてあります。
アルミナって酸化アルミニウムでしょ?

見た目は、セラミックス(陶器)みたいです。
電気ストーブとかの赤く光る部分みたいな感じ。

削れんのかなicon66

加工物より刃物のほうが硬くないと削れません。
刃物のほうがなくなりますからね。

そんな時は、とりあえずヤスリで削ってみます。

ヤスリで削れれば、なんとか加工できるはず。
ヤスリがカリカリと滑るような時は、やっかいです。
硬いってことです。
今回は、そのカリカリでした。しかもかなりの硬さのようですface07

長さを短くするだけの加工ですが、強引に刃物を押し付けると割れてしまいそうなので、とりあえずファインカッターで行ってみます。
ファインカッターは、硬い粒を固めた薄い砥石の円盤を高速で回転させて切断する機械です。

あっicon59今、思い出した。
その砥石に使われる硬い粒がアルミナだ!
「白色アルミナ質砥粒(WA)」とか「褐色アルミナ質砥粒(A)」とか言うもんね。
アルミナのほかには、ガーネットとかダイヤモンドとかが使われているものもあります。
どうりで硬いはずだ。

ファインカッターの砥石をそっと押し当てていくと、火花が出て、ボロッと、、、
ボロッと折れましたicon196


最終手段に着手です。

両頭グラインダです。
右の赤いのがWA砥石。同じような硬さなので削れませんね。
左の緑色のヤツを使います。
これは、超硬合金の刃物を削るときに使ってます。
これならガラスなんかも削れます。
「緑色炭化ケイ素質砥粒(GC)」というヤツで、現場では「青砥(あおと)」と呼ばれます。

見事に削れていきます。
手作業なので、寸法や形が不正確なのは勘弁してください。