› V=πdn/1000

2018年11月19日

680 こんなもんですか?

こんなの来ました。
ワッシャみたいな使い方なので、精度もいらないしこれくらいならチャチャッと出来るんじゃないface11


アルミ板の端材にケガキして先に穴を開けておきます。

薄板なので下にベニヤ板置いてローソクドリルで穴あけです。

通常のドリルの切刃部分は118度の円錐状になっています。
ローソクドリルは、中心部分が一番高くて次に外周が高いという形状になっています。
中心部分がガイドの役目をして、外周部分から切り落とすような形になっています。

ここまで来たらシャーリングマシン(剪断機)でカットします。

シャーリングマシンは巨大なハサミみたいなものです。
上下から刃物をあてて切り取ります。

上からの覗き込んでケガキ線を刃物に合わせるというアナログなので精度はそこそこですねface11
一発目に長さ方向を切ってみたら、

素晴らしい精度!偶然かface11(完成後に撮影しました。)
調子に乗って幅方向に切ってみると


こんなもんでしょ・・・face12

不思議なのは、ケガキは10ミリちょうどなのに全て10ミリより大きい。でも穴はそんなに偏ってない。
切り口が塑性変形して伸びているのでしょうね。

  


Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2018年11月13日

679 2条

このシリンジ(注射器)の青いキャップの部分に変わる部品の製作依頼です。




このネジは学生さんの調べによるとピッチ2.8らしい。。。
そんな規格あるかな?独自の規格なんでしょうがそんな半端なピッチにするかな。。。と考えを巡らした結果、インチ9山ではないだろうかと。インチ9山=2.8222

これで試作してみたところ、どうしても入らないface14
よ〜く見てicon103見るとネジ溝が2口あるicon592条ネジじゃないかface08
ということでリード41/2山=5.6444の角ネジを切ることに。

SUS303、φ16の素材から

ネジ切り前の段階まで来ました。

1条目

ピッチ分ずらして2条目

相手が樹脂の成形品なので面取りも大きめ、溝幅も広めにしています。

それっぽくなって来たface16

入ったよface11
先端部分が先にあたるので半回転ほどしか入りません。


外径7.4でリード5.64だとリード角が16.67度になります。

この写真でいくと刃物は右側に進んでいきます。
ここまでリードが大きい刃物の逃げも大きく取らないといけません。
刃先の左側も大きく逃していますから、真っすぐな溝だと刃先左側が干渉して加工できないくらいです。

反対側のテーパネジも加工して完成です。


テーパネジはキレイに仕上がらなかったので割愛しますface12
  
タグ :sus303旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年11月07日

678 アトサキ

こんな部品の作製依頼がきました。

これはワイヤー放電だな!

はい、できたーface16

あ〜 ちょっと待て・・・
これ穴とネジがあるじゃんface12
こんなに剛性がないとバイスにもつかめないよ。。。

板材に貼り付ける羽目にface14
転がっていた板材にネジ立てて

押さえの板作って、アナ加工用に逃げの穴を開けておきます。

こいつで押さえつけてフライス盤で位置出しして穴加工。

ハンドタップで雌ネジを加工


側面にもネジ穴があるじゃんface13
M3のタップは先端が尖っているので、この隙間ではネジを貫通できない。。。
先端をグラインダで削ってタップを立てます。



なんとか完成


やっぱり段取りは大事ですねface11

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2018年11月01日

677 頭が高い?

前回の記事の図面がこちら

それぞれにザグリ穴の指示があるんですが、それぞれに微妙に違うんです。



M4だと4.5キリ8ザグリを、M5だと5.5キリ9.5ザグリを推奨しています。
ザグリ深さが3ミリだとボルトの頭が沈みきらないと思うんですが。
低頭のボルトを使うから径も異なるからこれで良いんだと思うことにしよう。。。face12

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)図面

2018年10月26日

676 キズだらけ

ボール盤で段付きドリルを使って座繰り穴の穴あけ加工しています。

最近は便利になって希望のサイズに6面加工された素材が安価に購入できるようになっています。

これを買ってもらえば直ぐにケガキして穴加工などにかかれます。

ボール盤のテーブルに直に置いて固定して加工しているのですが、位置を移動させる時にテーブルや切り屑とスレて傷がついてしまいますface14


今回はバイスに固定することで品物の底面が直接擦れないようにして防ぎました。

左がバイスで固定した方です。その違いは歴然です。

しかし、細かく見ると所々に細かな傷が見えますface12
ドリルに絡みついた切り屑などが擦れて傷がついたりするようです。
これは上面でも起きることですが、切り屑が絡みつかないような条件を常に保つのは難しいことですね。
マシニングセンターやCNC旋盤のように切削液で切り屑を飛ばす方法も有意義だと思われます。
汎用機であの様に勢いよく吹きかけることは無理でも表面に油を塗布する程度でも直接の摩擦を防ぎ傷を軽減させている様に感じます。

卓上ボール盤でバイスを使った作業は位置出しに時間がかかるので好きではありませんface13
それにバイスに固定できない様な大型のものはどうすれば良いのでしょうか?
養生テープの様なものを貼っておいて防ぐとかでしょうか。。。
市販品の傷一つ無い製品を見て感心させられます。



  

Posted by iso at 18:00Comments(0)仕上げ

2018年10月22日

675 露天掘り


指先ほどの大きさの部品を作っています。
1mm厚の板に高さ1mmの円柱が乗っているような形状。
2mm厚の素材から作っても良かったのですが、保持のことや変形などを考慮して5mm厚の素材から削り出すことにしました。



円柱のピッチが違うパターンあるようです。
ここまではNCフライス盤で加工しています。

ここからワイヤー放電加工機(WEDM)に持って行って切り取ります。

WEDMの上面に隙間がない方が良いということで裏向きに取り付けてあります。

完成


  


Posted by iso at 18:00Comments(0)放電加工機

2018年10月16日

674 規格通り

ちょいと大物です。


約30キロ
長さ280、直径130なのでLD比は2倍ちょい。
3倍まではセンター要らないと言われてますが、このサイズは怖いので片センター作業。


外径を直径で2ミリ残して、長さはプラス1ミリ荒削り。
ドリルで下穴加工。


超硬バイトで荒削り。
センター外さないと加工できないのですが、ちょっと怖いface14

固定振れ止め使える機械にすればよかったface12


なんだかんだ言いながら仕上げました。
表面粗さが少し気になりますが、この辺で妥協・・・face13

反対側の内径はネジ加工(M95×P3)

奥に10ミリ幅のヌスミを入れていますが、雌ネジのピッチ3は怖いね。

こんな感じのバイトでなるべく奥まで切れるようにしました。

ネジの合わせがないので、学生さんに実験室まで持って帰ってもらって合わせてもらいました。
その結果「入りません」とのことface12
「それに入るネジはこれです」と持ってきてもらった雌ネジを測ってみると


icon66icon66

M95P3だと下穴径は92くらいだけどな。。。
ネジの呼び径からピッチをひいたくらいの値が下穴径になります。


icon53

私「ネジの外径95より大きくなかった?」
学「はい。95.7くらいありました。」
私「それM96でしょ。。。」
学「ネジの規格調べたらM95が一番近かったんで。。。」

確かに規格はそうかも知れんけど、この場合はそうでしょう。
ネジの呼び径より直径が大きいことはまずありませんから。
通常加工するときは、ピッチの1割分くらい外径を小さくしてますから。


その後、内径を広げてネジを切り直して完成。


デジカメがすっぽり入るくらいの雌ネジだったので、ネジ面を接写して見ました。


  
タグ :s45c旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年10月10日

673 祝10周年

icon12 icon12 icon97 10周年 icon97 icon12 icon12

気ままに始めたこのブログが10年も続くなんて始めた頃には想像していませんでした。ネタが尽きるのは時間の問題だと思っていました。
それでも続けていくうちにあの手この手でネタを作り出してきました。
この1年で60本、10年平均で67本/年。自分で褒めてあげたい。飽きやすい私には上出来ですface11
次の目標は、投稿記事数1000本目かな。
20年を目標に頑張ります! その前に定年がくるけど。。。face11
定年したら本にして出版しますかface15

  続きを読む

Posted by iso at 18:00Comments(0)

2018年10月04日

672 ドナドナ

10月ですね。新学期です。出会いと別れの時期でもあります。
諸事情により古い機械を2台処分することになりましたface14

円筒研削盤(昭和39年設置)






20年以上使用することは無かったので退役となりました。
旋盤の加工精度が向上したり、そこまでの精度を求められることが少なくなったのが使われなくなった理由でしょうか。
自分は数度使ったことがありますが、グーンと砥石が近づいてくる瞬間が緊張でしたface12

卓上フライス盤(昭和35年設置)


寄る年波に逆らえずガタが大きく精度は期待できませんが、コンパクトで取り回しが良く使いやすい機械でした。
今の時代では、このサイズでこの程度の剛性を持った機械は無いのではないでしょうか。




持ち上げられ狭い隙間を抜けてドナドナされていきました。

残った工場を片付けていると古の品物が発見されました。
レーシングとワックス

レーシングはこの平ベルトを繋ぐのに使います。ワックスはベルトの滑り止め。




型削り用のステッキバイト

10本箱入り新品っていうのがスゴイ。オークションに出したいくらい。
欲しい人いたら差し上げますよface11

ベアリング

大径のものが多いですね。
しかも内輪も外輪もバラバラになっています。

これはベアリングとして利用しようととっているわけではありません。
この輪っかを切って開いて叩いて伸ばしての火造りをします。
そうして刃物や工具としての再利用をするのです。
材料の入手が困難な時代にベアリング材は貴重だったんでしょうね。

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)工場内

2018年09月28日

671 本日の一品(20180928)

品名:傾斜ステージアーム
材質:A2017
加工機械:ワイヤー放電加工機、NCフライス盤
加工時間:3時間
メモ:WEDMが来てからこんな加工も楽になりました。




  


Posted by iso at 18:00Comments(0)本日の一品