› V=πdn/1000

2018年10月16日

674 規格通り

ちょいと大物です。


約30キロ
長さ280、直径130なのでLD比は2倍ちょい。
3倍まではセンター要らないと言われてますが、このサイズは怖いので片センター作業。


外径を直径で2ミリ残して、長さはプラス1ミリ荒削り。
ドリルで下穴加工。


超硬バイトで荒削り。
センター外さないと加工できないのですが、ちょっと怖いface14

固定振れ止め使える機械にすればよかったface12


なんだかんだ言いながら仕上げました。
表面粗さが少し気になりますが、この辺で妥協・・・face13

反対側の内径はネジ加工(M95×P3)

奥に10ミリ幅のヌスミを入れていますが、雌ネジのピッチ3は怖いね。

こんな感じのバイトでなるべく奥まで切れるようにしました。

ネジの合わせがないので、学生さんに実験室まで持って帰ってもらって合わせてもらいました。
その結果「入りません」とのことface12
「それに入るネジはこれです」と持ってきてもらった雌ネジを測ってみると


icon66icon66

M95P3だと下穴径は92くらいだけどな。。。
ネジの呼び径からピッチをひいたくらいの値が下穴径になります。


icon53

私「ネジの外径95より大きくなかった?」
学「はい。95.7くらいありました。」
私「それM96でしょ。。。」
学「ネジの規格調べたらM95が一番近かったんで。。。」

確かに規格はそうかも知れんけど、この場合はそうでしょう。
ネジの呼び径より直径が大きいことはまずありませんから。
通常加工するときは、ピッチの1割分くらい外径を小さくしてますから。


その後、内径を広げてネジを切り直して完成。


デジカメがすっぽり入るくらいの雌ネジだったので、ネジ面を接写して見ました。


  
タグ :s45c旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年10月10日

673 祝10周年

icon12 icon12 icon97 10周年 icon97 icon12 icon12

気ままに始めたこのブログが10年も続くなんて始めた頃には想像していませんでした。ネタが尽きるのは時間の問題だと思っていました。
それでも続けていくうちにあの手この手でネタを作り出してきました。
この1年で60本、10年平均で67本/年。自分で褒めてあげたい。飽きやすい私には上出来ですface11
次の目標は、投稿記事数1000本目かな。
20年を目標に頑張ります! その前に定年がくるけど。。。face11
定年したら本にして出版しますかface15

  続きを読む

Posted by iso at 18:00Comments(0)

2018年10月04日

672 ドナドナ

10月ですね。新学期です。出会いと別れの時期でもあります。
諸事情により古い機械を2台処分することになりましたface14

円筒研削盤(昭和39年設置)






20年以上使用することは無かったので退役となりました。
旋盤の加工精度が向上したり、そこまでの精度を求められることが少なくなったのが使われなくなった理由でしょうか。
自分は数度使ったことがありますが、グーンと砥石が近づいてくる瞬間が緊張でしたface12

卓上フライス盤(昭和35年設置)


寄る年波に逆らえずガタが大きく精度は期待できませんが、コンパクトで取り回しが良く使いやすい機械でした。
今の時代では、このサイズでこの程度の剛性を持った機械は無いのではないでしょうか。




持ち上げられ狭い隙間を抜けてドナドナされていきました。

残った工場を片付けていると古の品物が発見されました。
レーシングとワックス

レーシングはこの平ベルトを繋ぐのに使います。ワックスはベルトの滑り止め。




型削り用のステッキバイト

10本箱入り新品っていうのがスゴイ。オークションに出したいくらい。
欲しい人いたら差し上げますよface11

ベアリング

大径のものが多いですね。
しかも内輪も外輪もバラバラになっています。

これはベアリングとして利用しようととっているわけではありません。
この輪っかを切って開いて叩いて伸ばしての火造りをします。
そうして刃物や工具としての再利用をするのです。
材料の入手が困難な時代にベアリング材は貴重だったんでしょうね。

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)工場内

2018年09月28日

671 本日の一品(20180928)

品名:傾斜ステージアーム
材質:A2017
加工機械:ワイヤー放電加工機、NCフライス盤
加工時間:3時間
メモ:WEDMが来てからこんな加工も楽になりました。




  


Posted by iso at 18:00Comments(0)本日の一品

2018年09月18日

670 機械工作セミナー 

この時期恒例となっている表記の講習会に参加してきました。
遠くは静岡、長野からも参加されていて30名超の講習になりました。

挨拶は置いといてface11演習1から。
工具メーカーによる講習。
タンガロイさんが回転工具のことについて話されました。
自分としては、すでに知識として知っていることが大半でしたが、そのことの確認やあやふやだった部分の再認識、新たな情報など身につけることができました。


演習2は昨年も行われたダンドリ会議。
課題の図面をどのような工程で作っていくかをグループで協議します。
私のところは扇型の穴加工。
ベストは型彫り放電。ちょっと問題はあるけどワイヤー放電、隅に工具Rが残るけどマシニングセンター(NCフライス盤)でもいける、などと言った意見が交わされました。
その後、全体発表。
自分が気になっているところを質問してみたり、積極的に取り組みましたface11


1日目終了後は交流会。

意外と皆さんお飲みにならないですね。

ここがはけたら二次会へ。
一旦、ホテルにチェックインして集合場所の駅前へ。
駅ナカの餃子屋で餃子やジンダ煮、もつ鍋など地元の名物いただきましたface11


2日目
このセミナーの目玉と言うべきマイスター演習。
今回は2人のマイスターがお越しで、仕上げとフライスを入れ替わりながら受講しました。
フライスは技能検定3級の加工。六面体削りがメインとなりました。エンドミル加工まで行きたかったな。でも例年より削りましたよface11

仕上げはヤスリで平行に平面を仕上げると言う課題。
光明丹を使って、赤あたり→黒あたりと精度を上げていきます。久々に真剣にヤスリがけしましたface11

その合間に測定の講習も。
内側、外測のマイクロメータを使って測定を行います。最後に発表される正解と比較します。
わかっていることもマイスターの発言で自信を持って行えるし、伝えることができます。


2日目終了後もマイスターを囲んでのランチミーティングもあり、地元メシの「かしわ飯」のお弁当をいただきました。
その間にもマイスターから色々な話を聞くことができました。

さらに、情報交換会が行われ、今後の開催方法についてなど意見交換が行われました。

来年以降も楽しみです。
次は3月の九州大かなface15

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)研修・講習

2018年09月12日

669 結果発表

前回の結果のご報告



ご覧のように成功しましたicon97
コレットチャックは手で軽く湿る程度で十分のようです。
コレットチャックの弾性による締まりでも十分な程度のようです。
逆に強く締めるとアルミ球がコレットの溝がついたりと変形してしまいます。

0.4ドリルの前にセンタドリルを開けるのですが、どの程度の深さ入れるかが微妙です。

あとはCNCまかせなですface12


  
タグ :A2017CNC旋盤


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年09月06日

668 1mm


できるかなぁ。。。

シャープペンシルの芯と比べると

指先に乗せてみると


CNC旋盤で加工するつもりです。
コレットチャックで保持できるはず。


ドリルの方が回転して、こちらは回らないのでそんなに強く保持しなくてもいいはず。

ドリルはこれ。



素材とドリルを比べてイメージしてみる。うまくいくかな。。。


その結果は、

次回に続く・・・



  
タグ :CNC旋盤A2017


Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年08月31日

667 あるかなぁ

前回の続き
図面をよく見ると大径側にスパナがかりの2面取りがあります。
2面幅14mmは良いのですが、幅が2mmですface12
とりあえずこんな感じで保持して1面を削ります。

裏側の2面目は1面目との平行が必要なので、1面目を正直台に密着させたいのですが2mm幅の正直台はありません。
そこで1.6mmの敷き金を平行に削って使います。

これでなんとか削れそうです。

できたicon97


ところでこんな薄いスパナあるのかな。。。face12

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)フライス

2018年08月27日

666 わずか

こんなの作りました。

単なるテーパ形状です。
角度の計算が面倒なのでCNC旋盤でここまで作りました。


ステッキの切り落とし面が綺麗に仕上がりませんface14
どうであれネジを加工しなければいけないので、その時に端面も仕上げることにしましょう。

この程度の角度ならテーパ面で止まると思うので、ジグを作ります。
厄介なのは1つずつ角度が微妙に違うことface13





それぞれに合わせたジグを作れば良いだけの話なのですが、それぞれ1個ずつなので、それも効率が。。。
長さ44mm、半径で7.5-5=2.5mmなので、角度はarc tan(2.5/44)=3.2519度
42.6=3.3586
43.3=3.3044
44.7=3.2011
45.5=3.1450
割りを入れれば変形しやすくなるので、それで対応できるのではないかな。。。して欲しいな。。。
とりあえず中間の角度のジグを作って加工してみましょう。


これは上手く加工できましたface11

端面も許せる程度に仕上がりました。もう少し取り代があればキレイに仕上げられたと思います。

ん・・・icon53
このままでいけるんじゃね。
その前後を試してみると角度(半角)で0.05度程度なので入れて見た感じでは収まりは悪くないface15
加工も問題なくできましたicon22

このまま全部いってくれ。。。
角度の違いは0.1度程度、テーパ角で0.2度程度になるのでちょっときびいいかな。。。
短い方は角度がきつくなるので大径側がジグと接するので安定して加工できました。
長い方は角度が緩くなり小径側がジグと接触し加工する大径側が空いているので少し振れが出ているようでした。
銅ハンマーで軽く打ち込んでやると大人しくなりましたface12

  

Posted by iso at 18:00Comments(0)旋盤

2018年08月21日

665 モンキー

旋盤など機上でタップを立てる場合があります。
いつもはタッパーを使うことが多いですね。

左ネジなど一般的ではないサイズの場合はタップハンドルを使って手で立てることになります。

小さなサイズのタップならば特に問題はないのですが、大きなサイズのタップになるとかなり力が必要になります。
そこで大きなタップハンドルを使うことになります。
そうするとハンドルが機械に干渉して回せないことがあります。

そうなるとハンドルを差し替えることになります。タップを1回転させるのに2回ほど差し替えることになります。
これが面倒なんですよねface13
そういう時のため?に便利な道具があるんですねface11
それが、ラチェット式モンキー!
ネジの頭から工具を外すことなく回し続けることができます。

構造としては、口の開きを調整するウォームの部分が

戻す時に少し開くようになっています。

これとは別にアゴの部分に動くコマがついていてラチェットの機能をしているものもありました。

モンキーレンチはアゴの部分が緩みやすいので長い時間作業するときや大きな力をかける時には注意が必要ですが、自由にサイズを調整できるのでタップなどの変則的なサイズには便利ですね。



  

Posted by iso at 18:00Comments(0)工具・治具