› V=πdn/1000 › 旋盤 › 364 ギリギリ

2013年05月14日

364 ギリギリ

学生フォーミュラの足回りの部品製作です。
溶接して組み立てた部品にベアリングに合わせて穴を加工しています。

溶接前に荒加工は済ませてあるので、寸法に仕上げるだけです。
シマリバメなので少し小さめ(-0.009〜-0.039)仕上げます。
ベアリングをプレスで圧入し、溝部にリングを入れて抜け防止になります。
その時ベアリングを入れやすいように溝より入り口側はわずかに(+0.02程度)大きめに加工しています。
ベアリングが傾いて入らないように、ちょっとした気遣いですicon195

この穴加工がしやすいように掴み代がたっぷり付けてあったのは良かったのですが、最終的にはその部分を削り取ってしまわなければなりません。
フライスで削っていたのですが、時間がかかりすぎるので旋盤でギリギリ掴んで削り落としました。

ギリギリと言っても3ミリほどあるんですが、変形でバランス悪いし溶接の歪みで真円でないのでちょいと気になりますね。



同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
674 規格通り
669 結果発表
668 1mm
666 わずか
664 中細
654 また壺
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 674 規格通り (2018-10-16 18:00)
 669 結果発表 (2018-09-12 18:00)
 668 1mm (2018-09-06 18:00)
 666 わずか (2018-08-27 18:00)
 664 中細 (2018-08-09 18:00)
 654 また壺 (2018-06-14 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。