› V=πdn/1000 › 仕上げ › 271 ハイトゲージ

2011年10月25日

271 ハイトゲージ

仕上げで穴位置をケガいたり、加工する目安のケガキ線を入れるのに使うのがこれらicon51

今は、デジタルになって目盛りの読みも楽になりました。






デジタル以前はコレicon76

老眼には辛いface10

スライダに49mmを50等分した副尺が付いているので、0.02mmまで読み取ることができます。






それ以前は、、、

これ icon51 icon51

さし立て
”さし”=”スケール”を直角に立てるモノです。

トースカンと組み合わせて使います。



サシを微動させて目盛りを読みやすくする工夫もされています。


これは、今のハイトゲージ(アナログicon66)にも、引き継がれています。


このサシ立てトースカンが一体になったものが、ハイトゲージと言うことですね。

道具が進化すると、技術は退化するicon60




同じカテゴリー(仕上げ)の記事画像
604 仕上げ場
601 分解
599 コロンブスの卵
596 ヒーター
583 束になって
577 やっちまった
同じカテゴリー(仕上げ)の記事
 604 仕上げ場 (2017-08-10 18:00)
 601 分解 (2017-07-25 18:00)
 599 コロンブスの卵 (2017-07-13 18:00)
 596 ヒーター (2017-06-27 18:00)
 583 束になって (2017-03-29 18:00)
 577 やっちまった (2017-02-23 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。