› V=πdn/1000 › 砥粒加工(研削) › 240 一工夫

2011年05月06日

240 一工夫


ゴールデンウイークの合間ですが、授業は行われています。face11


以前から、たまに来るタングステンの電極です。
20mmずつ14本なので、ストッパーに当てて切断砥石でチ~ンとカットしていきます。
今までは、この方法だったのですが、最後キレ落ちる時に砥石が割れてしまうことが、かなりの頻度でありました。
落ちる時にストッパー側には逃げられないので、砥石側に押して割れてしまうということなのでしょう。

それを防ぐには、わずかでも隙間を作ってやればいいのかなと。
かと言って、テキトーに隙間を開けていたのでは、長さが揃わないので紙1枚入れることにしました。


前回使った両面テープの裏紙が落ちていたのでそれを利用しました。
普通のコピー用紙なら引き抜く時にすぐに破れてしまいそうですが、この裏紙だと丈夫でうまくいきそうです。


バイスで固定して、切断する前に紙を抜き取って、カットします。
2種類14本、計28本切断しましたが、1度も割れることはありませんでした。face15





同じカテゴリー(砥粒加工(研削))の記事画像
585 けんさく
470 両頭グラインダー
229 りゃん面
047 アルミナ
同じカテゴリー(砥粒加工(研削))の記事
 585 けんさく (2017-04-10 18:00)
 470 両頭グラインダー (2015-04-02 18:00)
 229 りゃん面 (2011-02-25 18:00)
 047 アルミナ (2009-02-17 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。