› V=πdn/1000 › 旋盤 › 208 手直し

2010年11月05日

208 手直し

以前作ったヤツが戻ってきました。



外径をわずかに小さくして欲しいとのこと。
穴に入らないので、0.03mmくらい小さくすることに。
つかむ所がないので、ジグで固定します。
幸い中の穴がリーマ穴だったので、それを利用します。



内径に合わせて軸を削ってメネジをタップで作ります。
オネジでも同じだけど、タップ立てるほうが早そうでしたから。
加工物を入れてネジで固定して、軽く芯出しして削ります。



削る量は、ほんのわずかですが、手間は人一倍かかります。








同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
669 結果発表
668 1mm
666 わずか
664 中細
654 また壺
653 急がば回れ
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 669 結果発表 (2018-09-12 18:00)
 668 1mm (2018-09-06 18:00)
 666 わずか (2018-08-27 18:00)
 664 中細 (2018-08-09 18:00)
 654 また壺 (2018-06-14 18:00)
 653 急がば回れ (2018-06-08 18:00)

この記事へのコメント
タンガロイのWでしょうか。
切り込み小さい一品ものはめんどいですよね。
Posted by KYT at 2010年11月07日 07:03
コメントありがとうございます。

なぜかウチはイゲタロイが多いですね。
FYです。

微小切り込みは、昔ならハイスでやってたんですがね。
進歩は偉大で超硬でもハイスみたいに使える様になりましたね。
Posted by iso at 2010年11月10日 20:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。