› V=πdn/1000 › 仕上げ › 067 きさげ

2009年04月07日

067 きさげ

工場の定盤をキサゲしました。


真夜中の作業みたいになっていますが、写し方の問題です。

「きさげ」=ノミ状の工具で金属の表面をわずかに削り取っていく作業のこと。
で、おおむね当たってるかな。
興味ある人は、web検索してみてください。

そこには、1ミクロンの精度でとか、書いてありますが、ウチにはそんな技能はありません。
じゃぁ何でやってるかというと、けがき作業の効率化のためですね。
webで調べたら、精度の他に微細なくぼみを作ると書いてあると思います。
このくぼみに潤滑油が保たれて滑りがよくなります。
接触面積が少なくなるというのも、あると思うのですが。
ですから、摺動面に使われています。

けがき作業というのは、品物に目安の線を引いていくことです。
定盤の上で、ハイトゲージなりトースカンを滑らせれば平行な線を引いていくことができます。
定盤とハイトゲージの接触面がくっついて滑らなくなる(リンギング)と作業が中断して効率が悪くなってしまいます。
もともとキサゲはしてあるのですが、使っていれば摩耗してしまうので、今回の作業となりました。

光明丹(酸化鉛)を塗って、ストレートエッジで当たりを取って、高い所を削っていきます。
これが↓キサゲ(スクレーパ)。
削る(刃)部分は、超硬合金でできています。




1500×900もある定盤を仕上げるのは、大変です。
3人がかりで3日ほどかかりました。
一日中、こればっかやってると、おかしくなるので合間に別の仕事やってますけどね。


終わりがない作業なので、適当なところで切り上げました。
できあがった面が幾何学模様?みたいになってキレイです。face01



できあがった後のicon97ギラギラ感がたまりません。face02



参考のため、オートコリメーターで平面度を測定しました。
結果は、恥ずかしくて公表できません。icon95



定盤が大きさの割に厚さが薄い、
むかーし火事にあって、割れたのを補修しているとか、

元になってるストレートエッジがどの程度の平面度なのか、
それをどうやって校正するのか、、、

もともと、私たちがやってる作業は。「キサゲ」と呼べるのか?
やり方は、正しいのか?

いろいろな問題があります。

石の定盤にしてくれんかな。。。





同じカテゴリー(仕上げ)の記事画像
583 束になって
577 やっちまった
575 めった斬り
563 手直し
553 ユニファイ
544  ハンドパワー
同じカテゴリー(仕上げ)の記事
 583 束になって (2017-03-29 18:00)
 577 やっちまった (2017-02-23 18:00)
 575 めった斬り (2017-02-13 18:00)
 563 手直し (2016-12-07 18:00)
 553 ユニファイ (2016-10-06 18:00)
 544  ハンドパワー (2016-08-17 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。