› V=πdn/1000 › 仕上げ › 680 こんなもんですか?

2018年11月19日

680 こんなもんですか?

こんなの来ました。
ワッシャみたいな使い方なので、精度もいらないしこれくらいならチャチャッと出来るんじゃないface11


アルミ板の端材にケガキして先に穴を開けておきます。

薄板なので下にベニヤ板置いてローソクドリルで穴あけです。

通常のドリルの切刃部分は118度の円錐状になっています。
ローソクドリルは、中心部分が一番高くて次に外周が高いという形状になっています。
中心部分がガイドの役目をして、外周部分から切り落とすような形になっています。

ここまで来たらシャーリングマシン(剪断機)でカットします。

シャーリングマシンは巨大なハサミみたいなものです。
上下から刃物をあてて切り取ります。

上からの覗き込んでケガキ線を刃物に合わせるというアナログなので精度はそこそこですねface11
一発目に長さ方向を切ってみたら、

素晴らしい精度!偶然かface11(完成後に撮影しました。)
調子に乗って幅方向に切ってみると


こんなもんでしょ・・・face12

不思議なのは、ケガキは10ミリちょうどなのに全て10ミリより大きい。でも穴はそんなに偏ってない。
切り口が塑性変形して伸びているのでしょうね。




同じカテゴリー(仕上げ)の記事画像
683 エクボ
678 アトサキ
676 キズだらけ
660 ローソク
658 横着
650 インサート
同じカテゴリー(仕上げ)の記事
 683 エクボ (2018-12-11 18:00)
 678 アトサキ (2018-11-07 18:00)
 676 キズだらけ (2018-10-26 18:00)
 660 ローソク (2018-07-18 18:00)
 658 横着 (2018-07-06 18:00)
 650 インサート (2018-05-23 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。