› V=πdn/1000 › 旋盤 › 621 金太郎飴

2017年11月22日

621 金太郎飴

この形状を6個作ります。

考えられる手順はこれくらいかな。

1.外径21mmの円板作ってボールエンドミルで溝加工(タテ位置)
  適当なサイズのボールエンドミルがない。半径以下で掴まないといけないので位置が決めにくい。X

2.外径21mm穴径4.5mmのドーナツを作ってエンドミルで溝加工(タテ位置)
  半径以下で掴まないといけないので位置が決めにくい。X

3.外径21mmの円板作ってボエンドミルで溝加工(ヨコ位置)
  位置が決めにくい。保持力が不安。溝加工後に潰れる恐れ。X

4.今回の手順
旋盤で6個分の外径を21mmに削ります。
中心に4.5mmのドリル穴を開けます。
フライス盤で4.5mmの溝加工

穴と溝のつなぎの部分が気にはなりますが、許容範囲内ということでface11

旋盤で4mm+αで突っ切り

金太郎飴のようにどんどん切り落としていきます。
生爪でチャッキングして、突っ切り面を仕上げ。

この後の工程、完成品の写真がありませんface13





同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
623 老化
622 グルグル
619 リャンメン
617 ケチがつく
614 振れ止め
612 合体版?
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 623 老化 (2017-12-04 18:00)
 622 グルグル (2017-11-28 18:00)
 619 リャンメン (2017-11-13 18:00)
 617 ケチがつく (2017-11-01 18:00)
 614 振れ止め (2017-10-16 18:00)
 612 合体版? (2017-10-04 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。