› V=πdn/1000 › 実習 › 597 火造り

2017年07月03日

597 火造り

夏至も過ぎて梅雨も本格的になってきました。
蒸し暑い日が続きますが、鍛造の実習も予定通りに進んでいます。


その実習の合間に旋盤の穴繰りバイトを火造りしました。
使い込んで刃先がなくなったハイスのバイト(直径8ミリ)を再生します。


加工は先端を少しだけ曲げてあげればいいんです。
ハイスはあまり温度を上げて叩くとポロっともげてしまったことがあるので控えめな温度で加工。

これくらいか。。。
叩いて曲げたのがコレ↓

もう少し曲げたかったところface13
どうせ先端は削って整形するのでこれで良しとしましょうface12

グラインダーで成形後↓


焼き入れ(油冷)→焼き戻し(熱処理についてはこのページがわかりやすいかな)



あとは使う時に用途に合わせて成形、刃付けします。


昔はこんなのばかりだったけど今はスローアウェイばかり。
穴繰りバイトは形状の制限が多いので、今でもハイスの手研ぎが活躍しています。




同じカテゴリー(実習)の記事画像
539 レミゼラブル
527 硬さ
506 直径
504 測定方法
503 脚ってなんですか?
501 安心してください!
同じカテゴリー(実習)の記事
 539 レミゼラブル (2016-07-20 18:00)
 527 硬さ (2016-05-12 18:00)
 506 直径 (2015-11-19 18:00)
 504 測定方法 (2015-11-09 18:00)
 503 脚ってなんですか? (2015-10-28 18:00)
 501 安心してください! (2015-10-16 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。