› V=πdn/1000 › 旋盤 › 046 150度

2009年02月10日

046 150度


この図面↑からこんなの↓ができました。

この形まで旋盤だけでできます。
M30のネジがなければフライスでいきたいところ。

当初は、めんどうだけど、まぁできるだろうなと思ってました。
が、予想以上に芯出しが大変でした。
加工する穴が、真ん中にあるか、中心を向いてるか、を確認しなくてはいけません。

ケガキで穴の中心をけがいておきます。今回は割り出し盤に乗せてセンター穴を明けておきました。
真ん中は、

こうやって円弧の一番低いところが上下で同じなら対象ということですから真ん中にあるというのがわかります。

中心を向いているかをどうするか悩みましたが、品物のセンター穴と芯押し台のセンターで棒を支えてその振れを見ることにしました。

削るとこんなふうになります。


なんとか150度の穴(内側がΦ25の穴)は、何とかできました。
次にその間の穴(内側がΦ24の穴)です。
左右対称だからなんとか掴めるかなと思ってやってみましたが、掴もうとするとずれる。

しかたなく、こんなのを作りました。

この形を作るのもやっかいでした。
普通にはつかめない形なのでステッキバイトでこんな風に作りました。

真ん中の軸と穴の隙間が大きいと削ってる途中で動くんじゃないかと心配だったので、0.02ミリくらいの隙間にしておきました。
そんなこともあろうかと、穴のほうもきちんと寸法を出して削っておきました。

こうやれば、丸くなるので今まで通りに掴むことができます。


穴の内部のつなぎ目がいまひとつ。。。


Φ24のところに入る部品と滑らかに繋ぎたいと言うので、はめ込んで同時加工することにしました。
今度は、穴だけなのでフライスで。芯出しが楽です。

普通は、ここまでしません。出血大サービス!


他の部品と組み合わせると、こんな風になります。


んっ!?なんだかロボットみたい。。。




同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
600 壺
594 再リクエスト
592 つば付き
591 つばなし
590 3in1
584 勝手違い
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 600 壺 (2017-07-19 18:00)
 594 再リクエスト (2017-06-15 18:00)
 592 つば付き (2017-06-05 18:00)
 591 つばなし (2017-05-30 18:00)
 590 3in1 (2017-05-24 18:00)
 584 勝手違い (2017-04-04 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。