› V=πdn/1000 › 旋盤 › 515 曲がった

2016年01月19日

515 曲がった

SUS303(ステンレス)を長さ10mmをφ1に削ります。

これはまだ途中。φ1.5くらいでしょうか。
刃物はサーメットのスロアウエイ、ノーズR0.2mm。
次の瞬間・・・

曲がってしまいましたicon196
この細さだとセンターを押す事もできないし、振れ止めかける事もできません。
センター押せるように長くとって、あとで削り落とす、と言う手もなくもありませんが。。。
切り込みを0.1mmにしてチマチマと削ります。
なんとか成功face121個だったから良かったものの。。。






同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
679 2条
674 規格通り
669 結果発表
668 1mm
666 わずか
664 中細
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 679 2条 (2018-11-13 18:00)
 674 規格通り (2018-10-16 18:00)
 669 結果発表 (2018-09-12 18:00)
 668 1mm (2018-09-06 18:00)
 666 わずか (2018-08-27 18:00)
 664 中細 (2018-08-09 18:00)

この記事へのコメント
キャブレタのニードルは、太い状態で剛性を保っておいて、一気に最後に大きめの切り込みをして削るそうです。アルミでテーパがあり、最大径が3-4mm程度、長さが70mm程度の形状のものがあります。
Posted by 西川 at 2016年01月19日 19:48
φ8ぐらいから一気にφ1に削る方法でもいけますよ!片側3.5ミリくらいかけて送りは遅くで、NCですが…。
Posted by 匿名希望 at 2016年01月19日 22:08
匿名希望 さま>
西川 さま>
コメントありがとうございます。
ご指摘いただいた方法も試した事もあるのですが、面粗さとか寸法の安定性などがあり今回はこうなっております。
いくつかの加工条件を検討して試してみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by isoiso at 2016年01月20日 18:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。