› V=πdn/1000 › 旋盤 › 044 テーパねじ

2009年02月06日

044 テーパねじ

テーパねじは、管用ネジ(くだようねじと読みます。)の一種です。
流体の通るパイプやホースをつなぐところに使われて、中身が漏れないようになっています。
水道管やガス管ですね。だからガスネジと呼ばれることもあります。
こんな風に使われています。

テーパネジとストレートがあるんですが、テーパが使われることが多いかな。

水道屋さんとかは、こんな↓機械(パイプマシン)というやつで加工しています。
工事現場とかで、お目にかかることができると思います。


まずテーパで外径を決めます。
テーパの角度は1/16。
直径が1ミリ大きくなると16ミリ進むと言うことです。
角度でいうと3.576度、半角で1.788度ということになります。

次にネジ切りです。
普通に送りをかけてネジを切ると、外周がテーパ状のネジになってしまいます。
そこで送りを掛けたらテーパの角度に合わせて刃物を逃がしていきます。
NCならプログラムで動いてくれるのでしょうが、汎用機ではそうはいきません。

削れ出したら、外径のテーパに合わせて刃物を徐々に逃がしていきます。
ネジの終端部でクルクルっと刃物を引いて回転を止めます。
コレを何度か繰り返して、できあがります。







同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
625 自作ケレ
623 老化
622 グルグル
621 金太郎飴
619 リャンメン
617 ケチがつく
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 625 自作ケレ (2017-12-14 18:00)
 623 老化 (2017-12-04 18:00)
 622 グルグル (2017-11-28 18:00)
 621 金太郎飴 (2017-11-22 18:00)
 619 リャンメン (2017-11-13 18:00)
 617 ケチがつく (2017-11-01 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。