› V=πdn/1000 › 実習 › 504 測定方法

2015年11月09日

504 測定方法

後期の実習では、歯車減速機を作製しています。
その軸を旋盤で両センター加工しています。
両端はベアリングで受けるので1/100ミリの精度が必要です。
そこまで測るためにマイクロメータを使って測定しています。
その図り方が個性があってユニークです。

背面型

「お〜い、目盛り読んで!」


アンダーハンド型


オーバートップ型


どれも測りにくそう、読みにくそうです。


こちらはハウジング加工でシリンダーゲージを使って内径測定を行います。
そのためにシリンダーゲージを外測マイクロメータに合わせて0点調整を行っています。

外測マイクロメータを押さえる人、
シリンダーゲージを持つ人、
ダイヤルゲージの目盛りを合わせる人、
3人がかりで調整中face11


正解は無いので、性格に安定して測れればいいのですよ。



同じカテゴリー(実習)の記事画像
539 レミゼラブル
527 硬さ
506 直径
503 脚ってなんですか?
501 安心してください!
483 原始的
同じカテゴリー(実習)の記事
 539 レミゼラブル (2016-07-20 18:00)
 527 硬さ (2016-05-12 18:00)
 506 直径 (2015-11-19 18:00)
 503 脚ってなんですか? (2015-10-28 18:00)
 501 安心してください! (2015-10-16 18:00)
 483 原始的 (2015-06-26 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。