› V=πdn/1000 › 実習 › 011 機械工作実習Ⅱ

2008年10月17日

011 機械工作実習Ⅱ

10月から後期授業が始まっています。工場では実習の授業が週2回あります。
前期が基礎的なものとすれば、後期は応用編と言ったところです。

まずは、旋盤で軸を加工します。
軸の両端をベアリングで受けるので両センター作業で加工しています。

両センター作業は、加工物の両側の中心を支えて加工していきます。
そのため振り替えても芯が振れないという特徴があります。

荒削りは終わっているので、ベアリングが入る部分をΦ34から”Φ32h7”の公差で仕上げます。
「h7」と言うのは公差記号で、どの程度の寸法差を許容するかと言う記号です。
Φ32だとプラス0.000ミリ、マイナス0.025ミリの範囲なら許すと言うことです。
これは元の直径によって変わってきます。
アルファベット記号も色々あります。穴径の場合は、大文字になります。
Φ32h7と言うのは、そこの直径を31.975~32.000ミリの間にすると言うことです。
25ミクロンの幅があります。(1ミクロン=1000分の1ミリ)
髪の毛の太さが80ミクロン、ハガキの厚さが200ミクロンくらいです。

Φ34から超硬の片刃バイトでΦ32.2程度まで削ります。
残りをハイス(高速度鋼)のヘールバイトで削っていきます。
これで先ほどの公差内に仕上げます。
テーパー(軸の先と元で径が違う)にならないように、
表面が滑らかになるように気をつけます。

これでできあがりです。
来週は、次の工程に移ります。
最終的には何ができあがるでしょうか?


今回は、専門用語が多くて分かりづらかったですかね。
そのあたりの言葉についても徐々に書いていきます。
分からないところ、おかしなところは、質問してください。

今週は、ケーブルTVの取材がありました。




同じカテゴリー(実習)の記事画像
602 これって一般常識?
597 火造り
539 レミゼラブル
527 硬さ
506 直径
504 測定方法
同じカテゴリー(実習)の記事
 602 これって一般常識? (2017-07-31 18:00)
 597 火造り (2017-07-03 18:00)
 539 レミゼラブル (2016-07-20 18:00)
 527 硬さ (2016-05-12 18:00)
 506 直径 (2015-11-19 18:00)
 504 測定方法 (2015-11-09 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。