› V=πdn/1000 › 旋盤 › 013 三つ爪

2008年10月29日

013 三つ爪

以前、四つ爪を紹介したので、今回は三つ爪スクロールチャックです。


四角い穴にハンドルを突っ込んで品物(工作物)を締め付けて固定します。
この四角い穴は、3ヶ所あるんですが、印(写真の四角い穴の右側の3本線)のついているところで、締めると精度良く固定できる。と言うことらしい。
スクロールチャックなので、三つの爪が同時に動きます。
ですから、いびつな物は掴みが不安定になります。
黒皮は四つ爪でむいて、削って真円になったところを三つ爪で掴むというのが本筋です。

品物を掴む時、振れないように固定しないと精度が出ません。
このような薄い品物のときは、特に注意が必要です。
いちいちトースカンとかで芯を見るのは、面倒です。

品物を軽く掴んでおいて、油筆の竹の柄の部分をバイトで品物に押し付けます。
すると5/100mm程度には十分でます。
竹の皮の方を品物側にするのがgood





同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
584 勝手違い
581 リフレッシュ
579 内径加工
574 ほどほどに
573 真犯人
572 何刀流
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 584 勝手違い (2017-04-04 18:00)
 581 リフレッシュ (2017-03-17 18:00)
 579 内径加工 (2017-03-07 18:00)
 574 ほどほどに (2017-02-07 18:00)
 573 真犯人 (2017-02-01 18:00)
 572 何刀流 (2017-01-26 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。