› V=πdn/1000 › 旋盤 › 417 デッドorライブ

2014年04月17日

417 デッドorライブ

槍の先を作っています。

槍先の尖った部分を最初に作って。その部分を逆センターで支えています。


本当の逆センターはこれ→
先端に60度のセンター穴が空いています。
ココで支えているわけです。




今回は傷つくのがイヤなのとわずかに角度が違っていることから、黄銅にセンター穴を開けたもので支えることにしました。




なぜ傷がつくかと言うと、ライブ(回転)センターはベアリングが入ってクルクル回るようになっています。→
この写真だと、ちょっとわかりにくいね。

逆センターは回転しないデッド(死)センターだからです。
工作物は回転して、センターは止まっている。そこに摩擦が発生してキズが入ったり、焼き付いたりすることがあります。
なので、通常のセンターでも逆センターでもデッドセンターの場合はそこの部分にグリスなどを塗って防いでいます。
現場で油脂類がないときは光明丹で代用したと言う話もあります。原料が鉛ですからね。

デッドセンターのメリットはというと、
回転部分がないのでガタのない高精度ができる。
耐加重が大きく重量物でも大丈夫。
といったとろだと思います。
最近の回転センターではその辺も十分改善されていると思いますが。


センターと言えばこういうのもあります。

片センターというやつで、一部分が削り取られた形状になっています。
削り取ることによってバイトが中心部分まで近づけることが可能となります。
そのため、回ると役に立たないので必ずデッドセンターですね。

逆センターの回転センターってあるのかなぁ。
あるんでしょうね。。。



同じカテゴリー(旋盤)の記事画像
619 リャンメン
617 ケチがつく
614 振れ止め
612 合体版?
610 夏休みの宿題
600 壺
同じカテゴリー(旋盤)の記事
 619 リャンメン (2017-11-13 18:00)
 617 ケチがつく (2017-11-01 18:00)
 614 振れ止め (2017-10-16 18:00)
 612 合体版? (2017-10-04 18:00)
 610 夏休みの宿題 (2017-09-22 18:00)
 600 壺 (2017-07-19 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。