› V=πdn/1000 › 工具・治具 › 389 なまり

2013年10月18日

389 なまり

後期の実習も始まっています。
後期の実習では、歯車減速機の部品を自分たちで加工して組み立てて、でき具合を検討します。

その工程の最初に来るのが軸の加工
旋盤で両センター作業で加工していきます。

ベアリングやギヤが入る部分は、0.01ミリ単位の加工精度が要求されます。
今期はφ30h7に仕上げます。
「h7」というのは寸法公差を表しています。このことはそのうちに。。。
具体的には0〜21ミクロン(0.021ミリ)
29.979〜30.000の範囲に直径を加工するということです。

せっかくこの範囲内にできても、表面が凸凹(ガサガサ)だったら意味がありません。
そこを精度良く、滑らかに仕上げるためにヘールバイトを使っています。
ウチの工場ではネジ切りや突っ切り、溝入れに使うことが多いですね。


実習ではこんなのを使っています。



なぜ「ヘール」と呼ばれるか?ってことでネット検索してみました。

ヘールバイトを横から見ると
「丘」のように盛り上がったカタチになっている。
icon50
「丘」=英語の「hill(ヒル)」
icon50
これが「ヘル」 → 「ヘール」


となったという説があるようです。
他の説もご存知でしたら教えてください。

こういったゴロがなまっていったパターンは他にもありますね。
「スコヤ」とか。

えっface08スコヤをご存じない。。。
では、またの機会にicon23



同じカテゴリー(工具・治具)の記事画像
584 勝手違い
583 束になって
570 アンコ
560 ガラスのハート
536 リクエスト
508 内径測定
同じカテゴリー(工具・治具)の記事
 584 勝手違い (2017-04-04 18:00)
 583 束になって (2017-03-29 18:00)
 570 アンコ (2017-01-16 18:00)
 560 ガラスのハート (2016-11-21 18:00)
 536 リクエスト (2016-07-04 18:00)
 508 内径測定 (2015-12-01 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。